Od-House 2/14
   
 
  ケーキショップと工房、それに付属する小さなカフェスペース。2階に小さな住宅ユニットを持っている。スパイラルの壁体に職場に重点が置かれた諸機能がはめ込まれており、現象として見える壁の重合が、諸空間の接合と分離の配分を調整している。通りからは、パテシエの作業風景が壁体隅部に穿たれた水平連続窓から覗くことが出来る。スパイラルが立体化されているため、最上部に移住空間が据え置かれているような体感があり、小さく静謐な住スペースが実現している。  
     
 
  Copyright F.O.B HOMES 2002, All Rights Reserved