Hs-House 1/23
   
 
  住ボリュームに「かき込む」設計操作を施すことによって、内部にアルコーブ状の領域が発生し、各々に求められる生活場が係留されるというシナリオでつくられた住宅。 隣家や道路が近接し正対する開口が取りにくいことから考察されたダイアグラムであるが、内部にはワンルームでありつつ各部が比較的閉じた「コーナー的」様相をもつ生活空間が作り出された。この住宅のダイアグラムが、後にBOX IN BOX MODELに展開されていく。
現在は、ハナレ化された中庭をはさんでの親世帯のボリュームが付加され、2世帯住宅使用に供されている。 二つの領域は、「クラ」的な壁全面収納帯を持った渡り廊下によって連結されている。
 
     
 
  Copyright F.O.B HOMES 2002, All Rights Reserved